文芸社とかいうヤ〇ザ企業に対しましての見解

DEATHPITALの商標権を取ってから、

文芸社に書面にて、

2015年(平成27年)に質問をしてみた。

そのいきさつである。

 

おいらは文芸社と仕事したことねーし、

無断で人様の屋号使って書いたヤツも出版社も何だこいつ。

 

内容は老人不要論、つまり昔ナチスがやったT4作戦賛美のような

クソ優生学をもったアホな内容であった。

これは人間として許せる内容ではないわな。

 

何を勝手に人のサイトのイメージ作ろうとしてんだ?

このナチ公みてーな価値観のキ×ガ×共は。

ってなことで書面で抗議したった。

 

うちの親父のtwitter

(今はおいらが使ってるやつ)に昔に記したものを

当ブログにも記しておきますよー

 

大きいのはこっちで→ 1枚目

 

さーてどんな回答がくるかな?   

オラ、ワクワクしてきたぞ。(・ω・)

 

 

ファッ!?

 

 

大きいのはこっちで→ 2枚目

 

文責って書いてあるので、これは社会通念上

電話番号も責任者名も伏せません(ゝω・)v

 

そもそも商標権には区分があって、

おいらはインターネット上の動画と書籍と演劇の区分はおさえてある。

書籍区分ではDEATHPITALもデスピタルも国内で

おいら以外使用できないわけ。

次、ウェブサイトの区分は音楽CDとも異なる。はてさてはてさて。

 

そんなこともわからんのか。これが法律なんですが。。

文責の小林くんは反社なのかな?反社なのかな?

フロント企業なのかなー? 

つーか、何でおいらに執着してんの?

まー、こういうクソ共が営業妨害しとるわけよ。(・ω・)yー

 

ということで、くれぐれもおいらやDEATHPITAL.COMと

文芸社のうんこ本とは関係ない旨は言っておこう。

 

そうそう

 

Movieparkとかいうドイツのネオナチのワキ×っぽい

アトラクションとも一切の契約もないし

そもそもが、おいらパスポートすらもってねーわけ。残念でしたああああー! 

バーーカ!! あとメタルバンドでもねーよバーカ!!

 

そもそもおいらは杉原千畝を昔から尊敬してんだよ。( ・ω・ )

 

はたまたトラックに5回ぐらい轢かれたへルシャーク矢野みたいな

関東のホストクラブのキモイマンとも完全に別人です。

なんかドイツと同時期に埋め立て要員としてネット上に出現したらしいが、

 

人生で一度も水商売したことねーわけよ、おいらはね。

とくに女の人はご注意下さい。なんか被害あったらアカンと思うので。

 

てなことでうちのサイトは日本から桐山哉明がお送りするDEATHPITAL.COMである。

イラストレーターが長年やってるイラストサイトである。んだけ

ただFLASHが滅した今、スマホじゃ見にくい。そこ狙われたのかもね。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

posted by Kaname Kiriyama/桐山哉明 07:33comments(0)trackbacks(0)





狼煙

1年間、不謹慎な作風故、喪に服していましたが
姉の一周忌をもって解禁する運びとなりました。

てなことであっちの世界にジェットエンジンを担いで
先にぶっとんでいった姉貴が苦笑いするような
従来通りのトゲのある作風に経験をプラスさせていくような形で
ここを続行しようと决意した今日この頃。
抜いていたトゲトゲを再装填し、後ろは見ず前だけ見て前にむかって
スパイク付きの装甲車の如く突っ走ります。 

この考えに行き着くまで紆余曲折や心の葛藤がありました。
作品で何かしら色々な人達を楽しませたいけど
観てくださる方々にそれを伝えていくためにどう自分はふるまえばいいのか。

いっそ作風を一新して癒し系オンリーな作家に転向だ!!とか、
不思議な事を思いつく時期もありました。
今や「俺にそれオンリーはできるか、アホか!」と一蹴出来ることなんですが
結構真剣に本気で数週間は考えてたものです。

結局の所、一年たって五感がメキメキ戻ってくると
元々あったものに上乗せされただけと気付き
自分にとってはある意味ベストな形でモノ作りの感覚が復元されていたという結果でした。

「喪」が明け、そして表現上の「喪」をも解く狼煙としてこの文章をここに記しておきます。
posted by Kaname Kiriyama/桐山哉明 23:43 |-|trackbacks(0)





追悼

お医者様方やホスピスの方々には本当にここまで
姉の面倒を見て下さって感謝の言葉しか出ません。
通夜や葬儀に来て下さった姉の友人の方々、
関係者様、本当に有り難う御座いました。


2011年10月14日深夜、私の実の姉が5年強という長い闘病の末、
眠るようにホスピスで息を引き取りました。腎癌でした。


30代前半というあまりにも若すぎる他界、
前々よりこの時がいずれ来ると覚悟はしていたんですが
現実に訪れると辛い。でも死んだ姉の方が今まで辛かったのは確実なんです。
姉は十分なほど頑張っていたので
死によって病気の苦しみからやっと解放されたと考える反面
底抜けに明るく楽しい事好きな姉だったので、心境としては腑に落ちないような気持ちです。
もっと元気で長く生きていたら色々楽しい事も出来てたのになぁと。


複雑な家庭に生まれ、同じ境遇で育った姉、私にとって姉であると同時に人生の戦友でした。
幼少の頃からの思い出も含めて、荒波のような波乱万丈な人生を共有できる存在でした。
実際の話言うと、人生でここまで強裂な喪失感や悲しさを感じたのは初めてのことです。


残されたものしか出来ない事、生きている人間にしか出来ない事がある。
そういったものの本質的な意味を噛み締めて歩いていきたいと思っています。
ここからは俺が少しでも姉のできなかった事や託された夢も一緒にひっさげて
あいつの分も俺が幸せになり、立派に生きていく、これが俺ができる最大の姉への供養です。
もう少し気持ちが落ち着いたら再度動き出します。
生きてたらどんな辛いことですら乗り越えられると、信じて生きていきます。
 
JUGEMテーマ:日記・一般
posted by Kaname Kiriyama/桐山哉明 03:59 |-|trackbacks(0)





フライングで帰還

めちゃくちゃお久し振りとなりました。
どうやら木こりの息子という事だそうなので
木こりのコスプレでもしようかと思いましたが
とか、そんな意味深なことは悶々としながら置いておいて

私が長期間サイトを停止させていた本当の理由は
近々大まかな事はこのブログで報告し
もっと詳細はどこかで報告する事になると思います。

つか、ここ数年の間、当事情をご存知の色々な方にはお世話になりました。
人間って優しい人は本当に優しいんだなぁと実感すると同時に
新しい人々との輪も広がりました。本当にその節はありがとうございました。

てな事でデスピタルドットコムを再度動かす决意となりました。
休止期間に色々ものを吸収し新たな表現手法と向き合う事も出来ました。
生きていく上での仲間の重要性。そういう事も身をもって痛感しました。

諸事情についてはその時が来ればはっきりと公にします。
現代医療の限界という現実は受け入れるしかない事と別件のもうひとつです。。
posted by Kaname Kiriyama/桐山哉明 10:39 |-|trackbacks(0)





知り合いに俺が死んだと噂されたので

生きとるわボケーーー!!ってまぁそんな話はさておきさておき。

現在、家庭の様々な事情が重なってますので、「表立った活動」は自粛してます。
とまぁ色々とありすぎて、俺自身に本当の意味での元気は無かったかな?
元気がなければ活発に動けない。そんなの当たり前じゃないですか奥さん!

まだ本格復帰する時期は早いか遅いかわからないけど、生きてる限りは戻るよ。
待っていてくれる人がもしいたら・・なんか申し訳ないけどさ
完全復帰まで待っててね。ちょっぴし立派になって戻るからね! テヘ!

今の所はあんまり文章は書いても文章としてあんまり面白味もないんで
しばらくの間は告知も予告も何も無くギャラリーにモノを展示したりするかもよ?
posted by Kaname Kiriyama/桐山哉明 15:24 |-|trackbacks(0)